染め上りが安定

marreroaldia03

一般的な白髪染めは、染め上りが安定していて効果も長持ちする分、髪の毛を傷めるとも言われています。けれども、一時的な白髪染めであれば、髪の毛を傷めることはありません。前者は主にヘアカラータイプであり、後者は主にヘアマニキュアタイプやカラースプレータイプです。ここではヘアカラーとスプレーの特徴を比較しながら、スプレーが髪を傷めない理由について解説します。

ヘアカラータイプは、髪の毛の表面のキューティクルを開き、髪の毛の中まで染料を定着させるタイプの白髪染めです。髪の毛の中にまで染料を定着させるので染め上りが安定していて効果も長持ちしますが、キューティクルを開いて染色を行うために髪へのダメージも大きくなります。

カラースプレータイプは、髪の毛に染料を吹き付けて、髪の毛の表面を一時的に染色するタイプの白髪染めです。染料は髪の毛の表面を覆っているだけであり、しかも水溶性の染料であるため、雨や汗などで色落ちする危険があり、持続性はありません。その反面、キューティクルを開くことなく染色を行うために髪へのダメージは小さくなります。

このように、スプレーは一時的な効果しか持ちませんが、その分髪を傷めることなく白髪を染めることができます。